トップページ > 一眼レフと画像修正ソフト
一眼レフと画像修正ソフト

デジタル一眼レフの醍醐味は、撮影した写真をそのままパソコンに取り込むことができる所にあります。
これなら容量が足りている限り、いくらでも保存していくことができるのですが、それとは別に画像修正ソフトをすぐに使えるというメリットもあります。

デジタルカメラ以前のフィルム式の場合、スキャナーで取り込む必要がありましたが、デジタルカメラなら直接修正することができるのです。
プロ仕様のソフトを使えば、それこそできないことはほとんどないというくらいの修正が可能ですが、そういうソフトはとても高価なものです。
さすがにそこまでのお金を出すことはできないという方は、カメラに付属しているソフトを使うのも良いですね。
そもそも色合いや明るさを変更するというだけなら、フリーのソフトでも十分にできることなので、気軽に修正することができます。

一眼レフと上位のコンパクトカメラには、RAWと呼ばれる高画質モードがあります。
通常デジタルカメラでは、容量を節約することや処理時間を短くできるということから、jpg画質を保存します。
しかしRAWモードで撮影したものなら、容量が大きくなってしまうものの、劣化がない状態で撮影することができるのです。
RAW画像は専用の現像ソフトが必要になりますが、jpgよりも高画質な写真を保存することができるようになります。
ただしカメラ側の画質補正を一切受けていない状態なので、手を加えることが前提となっているものと思ってください。
一眼レフならではのモードを使えば、より画質を優先した作業が可能になります。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved