トップページ > 一眼レフの撮影法
一眼レフの撮影法

一眼レフは、カメラの中でも最高級機ということで、とてもきれいな写真を撮影することができます。
しかし本当にきれいな写真を撮影したいと思っているのなら、自動調節機能に任せているだけではいけません。
撮影者自身も色々なことを勉強して、よりきれいな写真を撮影できるようになりましょう。
写真の明るさを決める要員として、露出補正があります。
露出を調節することにより、カメラが受け取る光の量が変化して、同じ被写体でもがらりと雰囲気が変わってしまいます。

シャッタースピードの調節は、動く被写体を撮影するときに重要です。
シャッタースピードが遅いままで撮影をすると、カメラの方が被写体についていけず、ぼやけた写真になってしまいます。
しかしこのブレを上手く使うことによって効果的な撮影ができるということもあるため、ただ早くすればよいというわけではありません。

シャッター速度をどの程度まで調節できるのかは、そのカメラ次第なので買う時にチェックしてみてください。
絞りはレンズに付いている羽根を動かすことによって、センサーに当たる光の量を調節することができるものです。
この機能によって、ピントの合う範囲をコントロールできるようになります。
強調したい被写体にピントを会うようにすれば、それだけ印象強い写真が撮影できるようになります。
これらの撮影テクニックは、一眼レフにおける基本中の基本です。
しかしこれを知っているか知らないかというだけでも、撮影する写真のクオリティに大きな差が出てきます。
もっと色々こだわりたいという方は、さまざまな撮影テクニックを勉強していきましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved