トップページ > 一眼レフのさまざまな機能
一眼レフのさまざまな機能

一眼レフでは、さまざまな設定を調節することによって、最適なシーンで最適な撮影をすることができます。
この応用範囲の広さが一眼レフの良い所であり、一眼レフを使ったことがない人にとって、なんだかむずかしそうだと思われている所にもなっています。
はじめから色々な部分の設定を調節するのは、そう簡単なことではありません。
そのために一眼レフにはさまざまな機能が搭載されているので、まずはこちらを使って撮影をしてみましょう。
フィルム式ならいちいちフィルムを消費することになりましたが、デジタル一眼レフなら何度でも撮影することができるので、何度も練習したいという方も安心です。

一眼レフの機能は、カメラのメーカーによって違いがあるものの、基本的には同じようなものになっています。
全自動モードでは、何も考えずにシャッターを押すだけで、ある程度の判断をカメラ自体がしてくれます。
ポートレートモードは、人物が引き立つように、背景を少しぼかして撮影できます。
風景モードは、近くから遠くまで満遍なくピントが合うように調節してくれます。
クローズアップモードはいわゆる接写で、被写体に寄って撮影することができます。

これらの機能は普通のカメラにも搭載されていますが、デジタル一眼レフには、さらに絞り優先AEや、シャッター優先などの機能も搭載されています。
それぞれのモードで撮影した写り具合を見て、自分が撮影したいときに最適な機能を使えるようにしましょう。
最終的にはマニュアルでしっかり調節して、最高の写真が撮影できるようになりたいものです。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved