トップページ > 一眼レフカメラはレンズ資産が重要
一眼レフカメラはレンズ資産が重要

一眼レフ初心者が、どんなカメラを買おうかと判断する時に、本体の性能ばかりにこだわってしまう傾向があります。
それも重要なポイントではありますが、一眼レフカメラはレンズ資産がどれだけあるのかということも重要なのです。

一眼レフの歴史は、カメラメーカーがどれだけのレンズを作ってきたのかの歴史にもなります。
ある程度の一眼レフユーザーになると、どんな写真を撮影するのかという目的のために、複数のレンズを所有することは当たり前です。
それぞれの目的に特化したレンズを揃えることで、高品質の写真を柔軟に撮影できるようになるからです。
そのためデジタル一眼レフでは、キヤノンやニコンといった、多くのレンズ資産を持つメーカーが圧倒的に強いのです。

そこまで突き詰めた使い方をする気はないと思っていても、一眼レフを使い続けていく内に、こんなレンズを使ってみたいという気持ちが出てくるようになります。
だからといって、他のメーカーが絶対に勝てないというわけではありません。
本体の機能を強化していき、他メーカーにはない特性を持たせることによって、レンズ資産で劣っていてもキヤノンやニコンに負けない地位を築こうとしています。

これから一眼レフを買おうと思っている方は、これらのことも含めて、どのメーカーの一眼レフを買うべきなのか考えてみてください。
ただきれいな写真を撮影したいというのではなく、どんな写真を撮影したいのか、そのためにはどんな本体・レンズが必要なのかも考えてみましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved