トップページ > 一眼レフとは違う一眼カメラ
一眼レフとは違う一眼カメラ

一眼レフカメラについて探していると、パナソニックやソニーが出している、一眼カメラも選択肢に入ってきます。
しかしここで1つ気になる点として、あくまでも一眼カメラであり、一眼レフとは書いていない所があります。
これらのカメラは、カメラをあまり知らない人の中では一眼レフで一括りにされてしまいますが、厳密には違うものなのです。

一眼レフのレフとは鏡の反射という意味で、反射鏡を使ってファインダースクリーンに欠像させる機構のことを指しています。
これに対して一眼カメラは、ミラーレス機と呼ばれており、反射鏡を使っていません。
ミラーレス機は一眼レフの光学式ファインダーではなく、電子式ファインダーを使用しています。
これにより、一眼カメラは一眼レフカメラよりも小型にすることができるのです。
さらに電子式ファインダーを採用することは、カメラ自体の低コスト化を実現できる可能性を持っており、光学式ファインダーには不可能な新機能を盛り込めるというメリットもあります。

ただし一眼カメラは一眼レフカメラと比べて、まだまだパワー不足であるという欠点があります。
今後技術が進歩することにより、一眼レフに迫るどころか追い抜くような性能のものが出てくるかもしれませんが、画質を最優先とするのなら一眼レフの方が良いでしょう。
まだまだ先の話なので、ピンと来ない方も多いと思いますが、一眼レフとは別に一眼カメラというものがあることを、覚えておいてください

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved