トップページ > 一眼レフを買う時の注意点
一眼レフを買う時の注意点

カメラを使っていると、もっときれいな写真を撮ってみたい、もっと良いカメラを使いたいという気持ちが出てきます。
コンパクトカメラを使っている方なら、その上の一眼レフに憧れるという気持ちが出てきます。
しかし一眼レフはコンパクトカメラと比べて、細かい操作が必要になりそうで自分には無理だと感じている人もいるのではないでしょうか。

そもそも一眼レフとはどういうものなのかがわからずに買ってしまおうとする人や、すすめられるままに買って後悔するという方もいます。
一眼レフを買う時にはさまざまなことに注意する必要があるので、覚えておきましょう。
一眼レフとコンパクトカメラの違いとして、速写性に優れてさまざまなレンズに交換できるというものがあります。

さまざまなレンズが使えるということで、いきなり別のレンズを買おうとする人もいますが、まずは使いこなせるようになってからの方が良いでしょう。
最初からあるレンズで使ってみて、その上でさらにやってみたいことができたら、新しいレンズの購入を考えるようにしましょう。
写真を撮影した時の、縦横比が違うという点もあるので、まずは一眼レフについてしっかり勉強してから買うことをおすすめします。

一眼レフは操作がむずかしいので、まずは初心者用をと考える人がいますが、そんなにこだわるべきポイントではありません。
色々と触っていればすぐに慣れるので、予算があれば最初から上位機を購入しても問題ありません。

むしろエントリー機からはじめて、すぐに物足りなさを感じてしまうこともあるので、そちらの方が問題です。
色々と勉強しなければいけないことがありますが、一眼レフに慣れたらもうコンパクトカメラは使う気が起きなくなるくらい良いものなので、よく考えて後悔のないようにしましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved