トップページ > 一眼レフの手入れ
一眼レフの手入れ

一眼レフを使う時には、手入れをしっかりすることも忘れないでください。
そう簡単に壊れるようなものではありませんが、ずさんな使い方をしていると悪くなっていくことは確かです。
高価なレンズ部分に何かが起きようものなら、悔やんでも悔やみきれません。
そのようなことが起こらないように、一眼レフの手入れ方法を覚えておきましょう。
カメラは衝撃に弱いものなので、持ち運ぶ時にはカメラバッグを使うようにしてください。
気をつけていても、うっかり落としてしまう時があるので、そんな時にカメラをしっかり守ってくれます。
それと同時に周辺機器を持ち歩きやすくなるメリットもあるので、とてもおすすめです。

カメラの掃除をする時は、清潔な乾いた布で拭いてあげるだけで十分です。
強い洗剤や研磨剤を使うと、問題が起きてしまう可能性があるので注意しましょう。
もしも長時間使わないという時には、バッテリーを抜いておいて液漏れしないようにしてください。

レンズの手入れ方法として、意外と知らない方が多いのが、どんどん使うというものです。
レンズを使い続けると、レンズの中の空気が対流するため、湿気が溜まってしまい錆やカビができづらい状態になります。
レンズの可動部分にはグリスが使われているのですが、こちらも使い続けないとグリスが固まってしまうので、動きが鈍くなってしまいます。

高いカメラだから、大事に閉まっておくという方もいますが、やはり道具は使ってこそのものです。
傷つきやすい状況では控えた方がよいのですが、それ以外の場合はどんどん使っていきましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved