トップページ > 一眼レフカメラの基礎知識
一眼レフカメラの基礎知識

一眼レフカメラには、さまざまな独自の機能があります。
ある程度自動で任せることもできますが、本当にこだわったきれいな写真を撮りたいのなら、多くの知識が必要になるので覚えておきましょう。

写真のできあがりは、撮影者の腕によって大きく変わります。
そしてその腕とはどういうものなのかというと、カメラの特徴をしっかりと把握した上で機能を使いこなすことが前提になります。
総合的にはセンスに頼る部分もありますが、単純にきれいな写真を撮影するのなら、カメラについて良く知っておくことが重要です。

露出とは、撮像素子に光を当てることで、ここを調節することで写真全体の明るさを調節することができます。
上手く調節すれば、明るい野外で暗い写真を、暗い部屋で明るい写真を撮ることができるようになります。
明るい写真を撮るためにはフラッシュを使えばよいのですが、フラッシュではできない細かい調節が、露出ではできるようになっています。

ISO感度とは、デジタルカメラが光を捉える能力のことです。
ISO感度を上げると、電気信号の量を調節することができ、シャッタースピードの調節ができるようになります。
さらに暗いシーンでISO感度を上げれば、フラッシュを使わずに明るい写真を撮影することもできるようになります。
ただしむやみやたらとISO感度を上げると、撮影した写真にざらつきが出てしまうこともあるので、適切な数値を見極めなければいけません。

一眼レフカメラでは、これらの機能を上手く活用することで、他のカメラよりもきれいに写真を撮影することができるので覚えておきましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 今日からはじめるデジタル一眼レフ・カメラガイド . All rights reserved